ノバルティスの歴史を知る

ノバルティスの歴史を知る

スイスに本社を置いているというノバルティスは、とても歴史がある会社です。世界中に製薬会社がある中で、それらを比較してもノバルティスは長い歴史の中で、さまざまな薬を開発し医療現場に届けてきたように思います。2つの製薬会社が合併したのが、1996年のことです。しかし、その前身となる会社は、250年以上の歴史があります。長い歴史の中でさまざまな医薬製品を開発しながら、それぞれの時代で、ノバルティスだから提供できた薬がたくさんあるといえるでしょう。常に時代に合わせて、革新的な製品の開発を追及し続けてきたように思います。最初は、合成の染料を生産する会社でした。

 

その後、需要があった化学薬品の製造部門を分離したといいます。その分離した部門が製薬会社になったのだそうです。現在ではグローバルテクノロジー企業として、世界中に支社を構えています。ノバルティスが染料の会社からはじまり、次のステップとして化学薬品会社を設立し、そこで薬の開発と生産が行われるようになった歴史は、とても長いことがわかります。これらの会社に刻まれてきた歴史の流れは、今でもノバルティスの社員に受け継がれているものも多いといいます。それは、自分達が自信を持って扱っている医薬品を、より多くの医療現場に供給しなければいけないという使命なのだそうです。

 

全ての患者に元気になってほしい、笑顔になってほしいという思いを込めて、ノバルティスの社員が医療現場に自社の薬を届けているといるのではないでしょうか。長年の歴史で培われた情熱を受け継いで、迅速かつ的確に、患者のために薬を届けることを使命にしているようです。今の時代も、社員は常にイノベーションを大切にしているといいます。製薬会社として自分達に何ができるかを常に考えて、より効果的な新薬を開発することができるように、ノバルティスの技術革新に努めているのではないでしょうか。

 

常に革新的に、日本市場でも患者のために、さまざまな薬を提供しているというノバルティスは、日本市場において50製品以上の自社で扱っている医薬品を提供しているといいます。病院などの医療現場から、薬局やドラッグストア向けの製品まで、幅広い医薬品を日本で提供しているそうです。今までの歴史の中で大切にされてきた思いや精神をしっかり受け継ぎながら、今の時代に何ができるか、何が求められているのかを社員が把握しなければいけないといいます。そして、患者の病気が一日も早く治ることを大事に考えて、ノバルティスで扱っている医薬品を提供しているそうです。さらに、時代に求められているイノベーションを意識して、画期的な治療法で活かされるための薬を発見・開発し、届けることを意識して医療と向き合っているといいます。

更新履歴